2012年10月30日

過干渉 半歩前へ





過干渉支配下の環境では空は雨模様でしょう・・・

いつも晴れない毎日の過干渉の抜け出し方ですが、

方法として

「私にはもう親はいない」


と思うことが有効だと思うのです!

心でお別れして下さい。

そうしないと「いいなりの人生」になってしまいますよ!

親への育ててもらった恩義があるから突き放せないでいるのでしょうし

それでも心の中でお別れすることを勧めます。

厳しいこと言いますが

あなたが親の過干渉の被害者でいる間は、その問題は終わりません。

親は、もういないんだ!と思うことで、徐々に親と距離をおくのが上手になっていけるように思います。

いつまで恩義に生きるのですか?

あなたが選んで生まれてきた親ですか?

時間は流れていってしまいます・・・。

時間は時に残酷です。

人はいつかならず天に帰ります。そう誰もがです。

花の命は短いもので人間細く生きても100年です。


貴重な時間を良い子を演じてるのは無理が

あるし、必ずその反動があります!

過干渉の親は信頼できる友人が少ないと言うデータがあります。

要は親自身が自分を信じているのです。

親基準=親の狭い世界観なので手がつけられません。

結婚も見合い結婚のほうが離婚率は低いのです。

最初から恋愛ではなく

決められた結婚がゆえに相手に期待もなかったのかも知れません。

その期待が子供であるあなたに向かったのです。

親の理想=子供と決め付けているので刃向かえば都合のいい謳い文句で

あなたを落としにかかるでしょう

ここが痛い、最近調子が悪い、体が重い・・・

それでも抜け出さないと人生も心も豊かになりません。

行動しましょうよ!

誰の人生をあなたは生きていくのですか?

待ってないで自分から行くのです!

昨日と同じ今日はないように日に日に人生は進んでいきます。

もう親の期待とは思わず親のエゴに付き合わないで

あなたらしい人生の一歩を踏み出す事を勧めます。

強い勇気も必要でしょう。

もう居ない親と思い心で「さよなら」して

気温が低くても心の気温は温かい場所に帰りましょうね。

                      


                       れーくん






人気ブログランキングへ

↑↑↑クリックしてね↑↑↑

娘をダメにする魔の母親遺伝子 Oh, No! I've Become My Mother
自分らしく生きて、死ぬ知恵 (中経の文庫)
ダメな自分を救う本―人生を劇的に変えるアファメーション・テクニック
「うつ」は少しだけがんばって治す。
よくわかるパニック障害・PTSD―突然の発作と強い不安から、自分の生活をとり戻す (セレクトBOOKS こころのクスリBOOKS)
私は私。母は母。〜あなたを苦しめる母親から自由になる本
毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社プラスアルファ文庫)
対人関係療法でなおす 社交不安障害
posted by れーくん at 00:49| Comment(2) | 過干渉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

過呼吸  袋


KNOCKIN’ON YOUR DOOR/MUSIC JAMBOREE’95/IT’S ONLY A




ペーパーバッグという過呼吸になった時に

袋で自分の二酸化炭素を吸うという方法は

自分はやりません。

そういうパニック状態の時って大袈裟な行動って

自分自身が嫌がるからです。

お勧めとしては、やっぱり

ハンドタオルを口に当てる事だと思います。

それだと周りから見ても不自然じゃないし

自分自身の心もなんとなく楽だからです。

何度も書いていますが、好きな香りに

助けてもらう
って本当に有効ですよ!

過呼吸になりそうになったら

その緊張感を自分で、「また来たな!」


って楽しめるようになって下さい。

ハンドタオルでも幾分、自分の二酸化炭素吸えるしね。

リラックスして下さい。

あなたは穏やかな日常はすぐそこですよ!

脳の異常信号に負けないで

あなたが幸せな幸運な週末でありますように・・・



                    れーくん





メンタルヘルス ブログランキングへ

↑↑↑↑ クリックで「応援して下さい。宜しくお願い致します」 ↑↑↑




「パニック障害」と言われたら!
新版 電車に乗れない人たち: 大丈夫、パニック障害は治るよ!
正しく知る不安障害 〜不安を理解し怖れを手放す〜 (ぐっと身近に人がわかる)
9割の病気は自分で治せる【ストレスとのつき合い方編】 (中経の文庫)
パニック障害なんてこわくない!
治療・ケアに役立つ実例集 パニック障害







posted by れーくん at 00:41| Comment(0) | パニック障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

疲れた時の名言集












自分らしくある必要はない。むしろ「人間らしく」生きる道を考えてほしい。





成功不成功は人格の上になんの価値もない。人は多くそうした標準で価値をつけるが、
私はそういう標準よりも理想や趣味の標準で価値をつけるのが本当だと思う。





即席めんの開発に成功した時、私は48歳になっていた。遅い出発とよく言われるが、
人生に遅すぎるということはない。50歳でも60歳からでも新しい出発はある。






自分で自分を支配することが出来ない人は、不幸になりやすい。





人生に必要なものは、勇気と想像力とほんの少しのお金だ。





不可能なものとは何なのか言うのは難しい。なぜなら昨日夢だったものが、今日の希望となり、
明日の現実となるからだ。





力とか、慾とか、そういうものがはいらない世界、本当に他愛のない世界から生まれてくる仕事、
願うことではなく、願われる仕事、そんな慾でない慾を持ちたいものです





挫折で人は強くなる。人みな師なり。





物事は両面からみる。それでは平凡な答えが出るにすぎず、智恵は湧いてこない。いまひとつ、
とんでもない角度――つまり天の一角から見おろすか、虚空の一点を設定してそこから見おろすか、
どちらかしてみれば問題はずいぶんかわってくる。





無心さ、純粋さ、素直さなどは人の心を打つ。その力は、こざかしい知恵をはるかに凌駕する。





挑戦した不成功者には、再挑戦者としての新しい輝きが約束されるだろうが、
挑戦を避けたままオリてしまったやつには新しい人生などはない。





あせることは何の役にも立たない。後悔はなおさら役に立たない。
あせりはあやまちを増し。後悔は新しい後悔をつくる。




本当の人間の価値は、すべてがうまくいって満足しているときではなく、試練に立ち向かい、
困難と闘っているときにわかる。





人気ブログランキングへ
↑↑クリックしてね↑↑

よくわかるパニック障害・PTSD―突然の発作と強い不安から、自分の生活をとり戻す (セレクトBOOKS こころのクスリBOOKS)
私は私。母は母。〜あなたを苦しめる母親から自由になる本





posted by れーくん at 17:20| Comment(0) | パニック障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ ↑↑↑ 一日一回ポチッとされると更新の励みになります。↑↑↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。