2013年03月04日

集団行動でも良識のある 現代に必要な心





なんだか、すごく気持ちのいい話をニュースで見つけたので紹介します!




「通路にごみがひとつもなく大変驚きました通路にごみがひとつもなく大変驚きました」

「大変きれいにご利用いただき感激した」。


こんな文面の一通の封書が1月下旬、毛呂山町立川角中学校(


毛呂山町川角、生徒数369人)に届いた。



差出人は、東京駅で新幹線車両の清掃業務を担当する会社の女性社員。


同校の2年生が修学旅行で東海道新幹線を利用した際、



生徒らの行き届いた清掃に感激した女性からのお礼だった。



大里冶泰校長(54)は「30年間の教師生活で初めて。


当たり前のことをやって、それを認めてくれる人がいることに


感謝の気持ちでいっぱいです」と話している。

送付された手紙は便箋2枚。


「貴校に利用いただいた車両の清掃を担当した者です」



と始まり、車両にごみがなかったことに触れ



「貴校の普段の教育ならびに引率教員の方の行き届いた指導を、


生徒の皆さまがよく理解され、大変きれいにご利用いただき、感激した」



とつづられている。



さらに「おそらく生徒の皆さまが素晴らしい学園生活を送っておられるだろうこと。


そして校長先生をはじめ諸先生方の行き届いた学生の皆さんに対する思いを


深く感じながら楽しく清掃をさせていただきました。


ひと言お礼を申し上げたく、筆を取りました


と、送付理由を記している。


封書には、「見ると幸せになれる」という


都市伝説のある東海道新幹線の軌道を検査する車両


「新幹線電気軌道総合試験車(愛称・ドクターイエロー


の写真も同封されていた。


同校によると、2年生123人は1月20日から


22日まで2泊3日の日程で、京都・奈良に修学旅行した


最終日の22日は清水寺などを見学した後、


京都駅から午後1時6分発の「のぞみ」


に乗車。同3時23分に東京駅に到着した。


生徒らは東京駅で降車する際、用意したごみ袋にごみを入れ、


椅子は元に戻すとともに、ヘッドカバーを張り直し、


床に落ちたお菓子などのごみを拾った。


ごみ袋はまとめて車両の出入り口脇に集めた。


同校ではあいさつなど5項目の達成目標を設定し、



指導している。ただ、大里校長は


「車両のごみを持ち帰る指導はしていない」と話す。


女性からの手紙が届いたのは1月25日。


校長らは学年集会で手紙の内容を生徒に報告するとともに


、学年主任の教諭が女性宛てにお礼の手紙を送付した。


手紙のコピーと同封された「ドクターイエロー」


の写真は2年生の教室前の廊下に貼り出されている。


修学旅行の実行委員長を務めた斉藤望さん(14)は


「思い出に残るイベントにするため、マナーを守ることを目標にした。


車両のごみは実行委が率先して片付け、周囲の生徒らも協力してくれた


。自分たちで実行したことに感謝され、最高の思い出になった」と喜んでいる。




大里校長は「使命感を持って行ったことが評価され、


生徒らは自信がついたように見える。生徒の良さと取りえを伸ばすため


にプラスのスパイラルになってくれれば」と目を細めている。







Ads by google






人気ブログランキングへ

↑ クリックで応援してね ↑



posted by れーくん at 00:00| Comment(0) | ほのぼの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月09日

ワンコ




ロサンゼルスの片隅で発見された犬のNala。
虐待を受けていたようで、人の声にもおびえる様子だったそう。
しかし保護した人々の愛情が伝わったのか、次第に心を開いてきます。
Nalaの表情の変化にも注目





ペット虐待列島―動物たちの異議申し立て




人気ブログランキングへ

↑↑↑クリックしてね↑↑↑








posted by れーくん at 03:01| Comment(0) | ほのぼの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

ほのぼの動物 動画集  オマリーくんとマーキンの出会い



飼い主にネコをおうちまで連れて帰ってきなさいと指示を出されたワンちゃん。
まだ子犬なのかな? ネコと同じくらいの大きさなのに、頭に担いでおうちの中まで運んであげています。おりこうさんです。







首に手提げ袋を下げた犬がいそいそと向かった先は、近所のコンビニ。
店員さんも慣れた様子で手提げ袋に商品を、口にはご褒美(?)をくわえさせます。
しっぽをフリフリ、帰路を急ぐ犬の背中はなんとも誇らしげな姿。






この母猫が運んでいるのは、実は、ウサギの赤ちゃん。母親が死んでしまったこの赤ちゃんを、わが子たちと同様に育てているようです






野良ネコだったオマリーくん。あちこち傷付いていて、病院通いをしているそう。犬のマーキンにべったり。ものすごい甘えっぷりです





オマリーくんとマーキンの出会い(↑動画の初対面)






ペット用品・ごはん・猫・犬・鳥・うさぎ用 健康食品はここ!



人気ブログランキングへ

↑クリックしてね↑







posted by れーくん at 03:46| Comment(0) | ほのぼの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ ↑↑↑ 一日一回ポチッとされると更新の励みになります。↑↑↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。